Don’t think ! Feel.

5a72bc2c337485463f1efbffa66af34b_s

「アルジャーノンに花束を」と言うSF小説があります。
日本でも何度もドラマ化されている、有名な作品で
とても興味深く素晴らしい作品です。
物語の中で主人公は、知能を高める手術を受けます、手術は成功しIQ185の天才になります、
ところが知能が高まれば高まるほど主人公は周囲の人々との関係性を失い
孤独になって行くと言う姿が描かれています。
私は、この作品を読んだ時に、そんな馬鹿な!!と思いました。
知能が高まれば、周囲の人々とよりコミュニケーションする能力が高まり、
孤独になんかなるわけが無い!・・・・・そう思っていました。所がどうでしょう・・・現実社会に目を向けると
作家のダニエルキースが描いたように
小説の通りになっているように見えます。
現在の社会に目を向けると、高校・大学の進学率は高まり、
理工系の大学院への進学率は今や7から8割と聞きます。
知識や知能は高まってるといえる状況といえます。
そして、小説での主人公の孤独と同じように、
現実の社会は核家族化が進み、未婚率も離婚率も急上昇です。どうして、こんな事になるのでしょうか?
私なりに、考えてみました。
脳の機能的な問題が関与しているような気がします。
心理学の用語でネガティブ・バイアスと言う言葉があります。
原始の脳は、危険性をリサーチして危険を回避する事で
生命を維持するという選択をしてきました
つまり、脳はほったらかすと、いやな事、危険な事、
といった状況を探す癖があり、そう言う機能があるという話です。さて、結婚する事や家族を持つ事は
脳にはどう映るのでしょうか?脳にとっては
結婚は、まさにリスクの塊です。
考えれば考えるほど、ありとあらゆるリスクが
想定されて行きます、
かくして、頭のいい脳はリスクを避け続け人を結婚しない選択へと
導くのではないでしょうか?
既婚者は未婚者より長生きなデータがあるとか、
ポジティブな事へのリサーチはなかなか働かない脳の機能・・!
3c9f0e543654a7522d5a6d3f90b03d7c_s
では、傾向と対策です、私たちはどうすればよいのでしょうか?
私の尊敬する李振藩ことブルース・リーは映画の中で次のように伝えています。
「Don’t think ! Feel.」「考えるんじゃない!感じるんだ!」私たちは長い間の教育で、考える事を習慣付けられてしまいました
考える事は、ある時必要なことですが
感じる事を忘れてしまったかの様です・・・。
この人と結婚して大丈夫?
この人と生活できる?
考えても答えを出す事は出来ません
不確定な要素が多すぎます、脳は危険だ止めておけと命令を下します。
そんな時は、感じなければなりません。
「Don’t think ! Feel.」私は、そう感じます♪

筆者・谷双介

↓ポチっと↓~人気ブログランキング 応援よろしくお願い致します~

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆
福岡・糸島・佐賀の結婚相談所なら『ふくおか縁結び倶楽部』へご相談ください。
本気のご縁を引き寄せたい。あなたの人生を豊かにする結婚への第一歩を応援いたします。
無料相談時に勧誘やセールスは一切しておりません。
完全予約制とさせて頂いております。まずはお気軽にお問い合わせください。

投稿者プロフィール

谷 双介
谷 双介ふくおか縁結び倶楽部 マネージャー
とにかく気軽に声をかけてください。ふくおか縁結び倶楽部は、女性と男性両方のスタッフがいるので安心。お話しを聞きながら結婚へのサポートをさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

福岡の結婚相談所なら縁結び倶楽部へお任せを!

「ふくおか縁結び倶楽部」では、すぐに実践できるサポートや理想の結婚を引き寄せるマリッジコーチングであなたの「想い」を明確にして「理想の結婚を叶える」ことをサポートする結婚相談所です。これまでなかなか思うように行動できていないあなた!明るい未来のために、気合いを入れて私たちと一緒にパートナーを見つけていきませんか?まずは気軽に無料相談にお越しください。090-9577-7424 馬場まで